So-net無料ブログ作成
検索選択
は・し・り ブログトップ
前の10件 | -

スカイツリーに向かって。 [は・し・り]

B級審判の研修の為に、
第28回東京リレーカーニバル夢の島競技場)に行ってきました。

今回は、競技者係のお勉強でした。
これで、出発係を2日、競技者係を2日、半分が終了しました。
あとの4日は、どんな係を体験できるのか楽しみです。

さて、夢の島競技場ですが、ゴールの先になんとスカイツリーが見えました。
スカイツリーに向かって走れるこのトラック何て素敵なんでしょう♪


   120602夢の島.JPG
nice!(1)  コメント(0) 

~噂の治療院に行くの巻~ [は・し・り]

今日は、先日マラソンのお友達に教えてもらった国立の治療院に行きました。
噂によると歩けなかった人が施術後歩いて帰って行ったとか、
実業団で2年間ケガに苦しんで走れなかった選手が施術の翌日から走れるようになったとか、
とにかく神業的な効果が期待できるという治療院です。
とは言え、半信半疑でしたが、ダメもとで行ってみる事にしました。

国立駅から歩いて10分。
それだけでも何度か立ち止まって休んだほど私の踵は最悪な状態です。
どうにか到着したもの入口がオートロックのマンション!これまた怪しさ100倍。
地元中学の陸上部の先生方の御用達でなかったらユーターンしたに違いありません。

治療院に一歩足を踏み入れると奥にカーテンで仕切られた2つの部屋と2台のベット、
機械が見えました。
まずは、問診票を書いて、若い先生とちょっとお話。
それから、ベットのある奥へ通されて、治療着に着替えるように指示がありました。
着替えが終わると、真打登場。
HPでみた、ちょっと怖そうで怪しそうな先生が目の前にいます。
その時、藁をもすがる思いでここまで来た事を多少後悔しました。
「もしかしたら、私、大変な所に来た?」って。

ベットに腹ばいになると、早速、踵の治療です。
まずは、一番痛い患部から遠い周辺を揉みほぐされたり、
脹脛やアキレス腱チェックされ、口頭での質問等を受けて・・・
「しかし、ブヨブヨの踵だね~。」
とか、おしゃったかと思ったら、
実際に観ていないので何を使ったのかはわかりませんが、
私の感覚では「ヘラ」のようなもので足の裏を「ゴリゴリ」と何かを削るかのような
事を始められました。
それが痛いのなんの!
整形外科で踵に打った注射の10000倍くらい痛い!
「い~た~い~~~~~~~~!」の連発。
呼吸も荒くなり、汗は噴き出るは、
余りの痛さに涙とヨダレまで一気に出ました。
血流を良くする治療だそうですが、2度と味わいたくない痛みでした。

よく、テレビ番組の罰ゲームとかで足の裏のつぼを押されたりして、
芸能人が痛がっているのは、大袈裟ではなく本当の事だろうと思いました。

その痛い治療の後は、マッサージ
これも、気持ちいいと感じたのは最初だけ。
思いっきりやられるので、呼吸も苦しいです。

先生が、「腰が固いので針打ってもいい?」って。
始めて事でちょっと嬉しく、ウキウキで承諾。
針も痛いのかと思ったら、「チクっ」てする位。
肺以外の場所は、3cmも入っているというのには、驚き。
針に電気を流して、2~3分。
電気が流れる度に「うっぐ!うっぐ!」と自然に声が出る。
低周波治療器をマックスの強さで当てているような感じ。

針を抜くと何やら温かい。
「針の後って温かいんですね。」というと、
「うん、今、お灸しているから。」って。
これまた初体験。
最初は、そうでもなかったけど、段々、熱くなってきて、ヒリヒリと辛かった。

ヘラで踵を削られ、針を打たれ、お灸をされて、もう怖い物なんかない。
そう思っていたけど、もっと痛かった整体。
しかし、本当に総合治療だ!
                                                                                              
腰、首、肩をグイグイと揉まれ、先生の全体重をかけてボキボキっと。
その痛さったら!!!
先生のマッサージする腕の動きが一瞬止まると、グキッとひねられる事を
何回目かのグキッで気付き、その一瞬が来ると自然と身体に力が入ってしまいました。

その後は、脚のストレッチとアイシングで治療は終了。

施術後の感想は、姿勢が良くなった!
歩いていても脚がスイスイ前に出る。
踵の痛みも少し和らいだようだ。
しかし、施術は痛かった!
毎日通わなければならないとしたら、目の前が真っ暗になる事でしょう。
当分行きたいとは思いません。
でも、きっと効果があったと信じています。
今は、
明日がどのような状態になるかが、恐ろしくもあり楽しみでもあります!



nice!(0)  コメント(1) 

第29回鴻巣パンジーマラソン。 [は・し・り]

「記録が出るコースって何処でしょうね~?」
の私の問いかけに、
「鴻巣がいいんじゃない?」
という、Nさんの一言。
早速、ネットで検索して、エントリーしましたが、
1週間前に痛めた左脹脛が5キロから痛み出し6キロで
結局リタイアしてしまった、鴻巣パンジーマラソン

blog110308鴻巣-5.jpg
 

全てのコースを走った訳ではありませんでしたが、とてもいい大会でした!

     
 ☆係員さん達が親切♪
   リタイアして歩いているとロードバイクに乗った係員さん。
   「大丈夫ですか?このまま道なりに歩いて行けばスタート地点に着きますからね。」
   と優しい一言。
   また、他の係員さんは、
   「2つ目の信号を超えて左に曲がったらゴールですからね。頑張って。」と。
   警備のお巡りさんは、
   「今、ゴールしたら、15番目だから頑張ってね!」
   「それじゃ~、女子1位ですよね!」
   な~んて、ほのぼのした会話ができたり。
   応援のおばあさんは、
   「あら、もう走って来たの?速いわね。家の娘も走っているのよ。」
   「はぁ、足が痛くなったので走るのやめました!」
   「あら~、お疲れ様。」

 ☆ゴール後にトン汁が食べられる♪
   ちょっと冷えてしまった身体にトン汁は温まって美味しかった!

 ☆参加賞のタオルがいい♪
   「韋駄天」と書いていある迫力ある柄がいい!
   参加賞と言えばTシャツだけど、
   参加賞のTシャツって余程気にいった物しか着ないし、
   そうでない物はパジャマ代わりになるのだけれど
   パジャマにするにも在庫がたくさんあるから結構困る。

 ☆Nさんのおっしゃる通り平坦なコース♪
   本当に記録の出るコースなのかもしれない。
   今回は、若干風が吹いていたけれど。

 ☆年代別表彰が10位まで♪
   副賞は、10位まで地元のハウスで育てた鉢植えが頂ける。
   Nさんも入賞して、鉢植えをゲット!
   そして、それを私がゲット♪

 ☆帰りには、「鴻巣びっくリひな祭り」が見られる。

     blog110308鴻巣-2.jpg

blog110308鴻巣-3.jpgblog110308鴻巣.jpg
  ちなみに、↓↓↓ の写真の私が持っているのが、入賞の鉢植え。(頂き物♪)

             blog110308鴻巣-4.jpg
 ☆難点は、遠い事。。。
   やはり、早起きは、苦手だ!!

鴻巣パンジーマラソンの関係者の皆様、
素敵な大会を運営、実施してくださって有り難うございました。

また走りたいハーフマラソンのベスト3の中に入る位、
完走していないのに楽しかったです!
来年は、ここで、うふふ♪

あれ?でも、パンジーは咲いていなかったかな?




nice!(1)  コメント(0) 

工事中!! [は・し・り]

今日は、東京マラソンを控えたパパのペース走のお付き合いで渋谷の織田フィードに行きました。
ここは、毎月第3土曜日は一般開放しているという事なので気合い入れに!
ところが、何という事でしょう、「工事中」でした。
3月末までは、使用できないそうです、が~ん!!
ラン道具の重い荷物を抱えていったのに、がっかり・・・

それでも、パパは、代々木公園の1.2キロコースでペース走。
私は、更衣室もロッカーもないので「思いでベンチ」に座り荷物番。

jognote110219ベンチ2.jpg

踵もいまいちな状態だったので今日も休足をしてしまいました。
「走るな!」という神のお告げと思う事にします。

ま~、そのおかげで
読みかけだった東野圭吾の「ダイイング・アイ」を漸く制覇[手(チョキ)]

ラン後は、渋谷マークシティーの「美登利寿司」でランチ。

jognote110219美登利寿司.jpg

☆生ビ2杯+あんきもポン酢+超特選握り☆
でお腹いっぱいでしあわせ♪

nice!(1)  コメント(0) 

ラン仲間と忘年会 [は・し・り]

昨日、新築の我が家のお披露目を兼ねて近くのラン仲間との忘年会をしました。

みなさん、お酒が大好きな方ばかりで、昨日の残骸の空き瓶やら空き缶がこれ。

    blog101219空き瓶.jpg

ちょっと~、皆さん、飲み過ぎではありませんか?

私もあまりの楽しさにお酒もすすみ過ぎ、すっかり二日酔いで、午前中はクラクラでした。

この時間になり漸くお酒も抜け、気分爽快になりました。

昨日は、10数名のラン仲間で埋め尽くされた狭い我が家ですが、

2階の洗面所に隠れたきり出てこなかった人見知りのペコちゃんは、

やっと安心したようにあちらこちらに上って遊びまわっていました。

blog101219ペコと木.jpgblog101219ぺことネコ.jpg

みなさん、いろいろとありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 

つくばマラソン2 [は・し・り]

今考えると、スタート前のトイレがからついていなかった。
いつも使えるトイレが使用禁止になっていたので、遠い場所にあるトイレで20分待ち。
陣地に帰り、ヘアゴムを探すが、見つからず帽子は諦める。
(髪を結ばないと帽子が脱げてしまうので)
いきなりダッシュしながらのアップでスタート地点に向かうが、
思いの外遠くてスタート地点に着いたのが30秒前でギリギリセーフ。
呼吸も乱れた状態でスタート。

スタート~5キロ(0:26:21.57)
スタトーラインの左側に谷口さんを見て慌ててシューレースをチェック
大丈夫、これならシューズが脱げる事はない!
周りの波に乗って走る。
アナウンスされていた右側の駐車車両もパス。
しかし、その直後、道路の中心線に埋め込まれているキャッツアイに躓いて転倒。
「ころんでるぞ~!」とか、「大丈夫ですか?」とか。
誰かが叫んでくれたので、他のランナーに踏まれたり、
私に躓いて転ぶランナーもいなかった事は不幸中の幸い。

その時は、転んでしまった恥ずかしさと踏まれるかもしれない恐怖感で素早く立ち上がれたけれど、
両掌、両膝が血だらけの自分をイメージできるくらいに痛い!
掌まですっぽりと隠れるTシャツを着ていたので
恐る恐る袖をめくってみるとポツポツと小さなへこみはあるが出血はしていない。
ホッとして何事もなかったかのように走りだす。

少し走ると海実子さんの応援、いつもありがとう♪
その声に気付いて近づいて来て下さった左前方を走っていたきんたさん。
転んだ時に「大丈夫ですか?」と声かけしてくださったのはきんたさんだったらしい。
エール交換してお別れ。

転倒した事は忘れようと走る事に集中した。
そうそう、おやまさんの応援も嬉しかった♪

5~10キロ(0:26:37.94)
幾分ペースは速目?かと思うと遅い?
1キロ毎のラップのバラつきが大き過ぎるが、
距離表示は正確かどうか疑問がわく。

10~15キロ(0:27:21.84)
5メートル位前にクジラさんやよっちゃんさんを発見。
声をかけたいけどけど彼らの背中はドンドンと小さくなっていく。
レベルが違うから仕方ないね。

15~20キロ(0:26:50.92)
折り返して来るランナーさんとすれ違える楽しいひと時。
エード、ゴール、すれ違いはマラソン醍醐味?
マーキュリーさん、ジローさん、そうらんさん、やまちゃん、くりふさん、パパを発見!
速い人や真赤なfrunユニのお友達は探しやすくていい!
2回もラップボタンを押し忘れる程集中してお友達探し。
元気もたくさん貰った!

20~25キロ(0:28:29.78)
折り返してからまもなく、KAZさん、のらきちさんとすれ違い。
皆さん、頑張って走っている。私も頑張ろう。

でも、折り返し前から気になっていた踵。
着地の度に痛みがひびく、そろそろ悲鳴を上げ始めた。
右膝も転倒の際の打撲か?曲げると痛い。
あと、20キロ弱、このままのペースで走っていけるだろうか?
去年は34キロまで走れたが、今年はどうだろう。
練習不足だった去年以上にロングの練習をこなしていない。
完全に弱気モード、へたれモード。
そんな時、見なければいいのにスタート後3分で転倒して打った両膝に目をやる。
痛いはず!かなり、出血している!
ここまでの約2時間で出血した個所が固まって患部とタイツがくっついて一体化している。
軽くひっばってみると、はがれるどころか患部がつれて痛い。

残りの18キロ、痛い踵と膝小僧の傷を抱えて、このペースで走れるか不安の波。
24キロ付近、「24」は私のラッキーナンバーのはずなのに、踵に激痛。
とうとう立ち止まってしまった。
24キロのラップは1分以上落としてしまった、6分24秒。
もう、いや、走りたくない。。。
心が折れるどころか、ブチ切れそう。

25~30キロ(0:32:42.77)
ここからは、歩きも入るが、なるべく走る事を試みる。
いい調子で走れるようになり、このままいけるかと思うと踵に痛みが走る。
歩く→走る→痛い。の最悪のサイクル。
「もう、走りたくない!」
「終わりにしたい!」
「リ・タ・イ・ア。。。」
楽になる事ばかりを考えてしまう。
そう言えば、今日は、若い番号のランナーのリタイア組をよく見かけた。
「私もリタイアしたい!」
でも、3年前に25キロ地点でリタイアした時のつらい記憶が蘇って来た。
リタイアは、その時よりも時間がたつほどに罪悪感、羞恥心、自己嫌悪がます。
どうして最後まで走りきらなかったのか。
本当は、もっと走れたに違いない。
私は、ケガに甘えただけ。
と自問自答の毎日。
それだけは、避けたい。
出来ればゴールだけはしよう。

27キロの給水。
気持ちを立て直すためにもじっくりと休憩。
水分をとり、バナナを食べ、名物の汁粉も食べた、と言うより飲んだ。
さらーっとしていて、ほんのり暖かくて、
ほしこさんが言っていたおもちは入っていなかったがとても美味しかった。
疲れた脳に糖分はかなり有効!
リタイアしたい気持ちも薄らぎ体力も回復。
しかし、踵、膝は回復せず。
取り敢えずゴールを目指そう。


30~35キロ(0:35:47.53)
車道で立ち止まると他のランナーの迷惑になるので、歩道に上がる。
同じように走ったり歩いたりのランナーがいっぱい。
10キロ位だっただろうか、
後ろから荒い息づかいで猛スピードで駆け抜けていった女子ランナーが道端に倒れていた。
笑ったような困ったような表情で救護の方に介抱されていた。
今日は、倒れている人がいっぱい。

35~40キロ(0:31:08.56)
再び海実子さんの応援。
「この坂を登れば楽になるからね~。」と励ましされ嬉しかった。
海実子さんの前はでは頑張って走ったけど、上り坂は歩いた。
小金井公園走友会のお友達からの応援もあった。
めるちゃん、く~ちゃん、ムラニー、たいちゃんありがとう♪
一生懸命応援してくれているけど、応援に応えられるような走りでなくてごめんなさい。

40~G(0:14:54.01)
ゴールまであとわずかで最後のひと踏ん張りの距離。
誰も歩いている人なんかいないのに走っては歩きの繰り返し。
          101128つくばマラソン-1-2.jpg
          (歩いているヘタレの私)
身体は元気だけど、肝心の足が痛くて100m位しか走っていられない。
「でも、トラックに入ったら最後まで絶対に歩かないで頑張って走る。」
と自分と約束。

トラックは、既に沢山のランナーが走っていたのでインコースは走れない。
空いていた2コースを一生懸命走る。
キロ5分位のスピードなのに牛蒡抜き!
最後だけは、気持ちよく走れた!
ゴール後も去年ほどの疲労感はなかったが、踵の痛みは未だ消えていない。

4時間9分17秒。

またも、自分の目標をクリアできなかった。
私は、精神的にも身体的にもフルマラソンとは相性が悪いらしい。
でも、「夢は、諦めなければ必ずかなう」ものらしいので、
目標達成の為にこれからも走るつもり、多分。

nice!(0)  コメント(2) 

つくばマラソン1 [は・し・り]

101128つくばマラソン-2.jpg

今年の「つくばマラソン」は、またも失敗レースに終わりました。

2月のみぞれ交じりの東京マラソンで膝を痛めてから体調も悪く、
私生活では、家の建て替えの為に2度の引っ越しで大忙しの毎日。
3~4月は、ただ走らない罪悪感を解消する為だけに走り、
5月からは、気を入れ替えて夏の2回のトライアスロンを目標に練習を再開。
10月には、別海パイロットマラソン、手賀沼ハーフと2つの大会に参加して、
ファンランのみでなく漸く目的を持って走れるまでになれました。
3年前の怪我知らずで一番調子がよかった頃にもう少しで戻れる予感がしていました。
しかし、11月上旬に踵骨棘による踵の痛みが再発。
普通に生活をしている分には問題はありませんが、
走ると着地の度に踵から痛みが響きます。
本命レースの「つくば」の前に迷った末に整形外科で痛み止めの注射を打ちましたが、
初めて注射を打った時の様な効果はありませんでした。
でも、この先のレース予定も未定だし、
本命「つくば」は1年に1度しかないので力一杯走る事を選択しました。

そんな理由もあり、今年の「つくば」前は、走る事以外にもいろいろと気を使いました。
足の負担を少しでも軽くするために減量
運動量を増やせば自然に減量できますが、
運動量を控えながら減量となると摂取カロリーを抑えるしかありません。

そこで、

・調理方法を工夫(油抜きを中心に)
→ゆで(電子レンジ)野菜をメインにして、献立をたてた。
→お肉をいためる時は、肉その物の脂でいためるようにして余分な油は使用しない。
→魚は、グリルで焼くようにした。
→調味料もカロリーが低い物を利用した。
子供達が嫌がる和食中心。

・12日間の禁酒。
  →食前酒?は、ビールからキリンヌーダに変えた。

・1人の時の昼食は、おにぎり1個とスープ。
 または、DHCのプロティンダイエット。
  →お腹が空いた時には、カロリー0のヨーグルトを食べて誤魔化す。

カルシウム不足にならないように牛乳も朝晩飲んだ。

・足つり防止に毎日バナナも食べた。

・勿論、揚げ物、ラーメン、ケーキ等の私の大好物の高カロリーの物はNGです。

食べる事が大好きな私にとっては過酷な食生活でしたが、
少しでも軽くなって楽に走りたいと思う気持ちの方が勝っていたようでした。

また、これ以上、踵を悪化させないために、
身体のケアで気を付けた事は、

・走る時以外もテーピングをしていた。

・カーフレイズを1日30回やった。
 意味があるかどうかわからないけど疲れた足に慣れるように。

・足裏や脹脛のマッサージ&マッサージチアーで朝晩マッサージ。←これは、至福の時♪

・ヒールの高い靴は履かない。

自分に負担にならない程度に出来る事をやっただけですが、
踵の方は?ですが、減量はほぼ成功でした。

まえがきが長くなってしまいましたが、これからが当日の事です。

nice!(1)  コメント(0) 

手賀沼エコマラソン [は・し・り]

手賀沼マラソンを走ってきました。
あ~、も~、大失敗でした!

手賀沼をエントリーしたのは、4回目ですが、
「この大会が今シーズンのラン生活の明暗を決定する!」
といっても過言でない程のキーポイントの大会です。
1回目→疲労骨折疑い、2回目→頸椎ヘルニア
3回目→不全骨折の為棄権。そして、4回目→???。
そう、ケガが付き物なのです!何かにたたられている?

自分の中では、
「ここを無事にクリア出来たら今シーズンの全てが上手く行く!」
みたいなジンクスも出来上がりつつあります。
なので好きな大会でもありますが、それ以上に恐ろしい大会です。


今回は、追い込んだ練習もペース走もしていなかったので
始めから「つくば」のペース走の練習と位置付けていました。
目標は、5分20~30秒。
さ~、どの位出来るでしょうか?

しかし、
スタート位置が思ったよりも前方で嫌な予感がありました。
最初の1キロは、5分19秒で、いい感じ♪
2キロ以降は、5分09秒のペースで定着。
う~、速過ぎるんだけど、
周囲のランナーの波にのまれて修正できない。
5.5キロの給水までは、このまま行くことに。

給水後も修正できず、同じペース。
「これじゃ~、つくばの練習にならない。」
身体も温まってペースも速まっていく。
時計を見ると5分切ってる。。。
これでは、いけない。
ちょっと休んで建て直そう!

9.7キロの第二給水でゆっくり給水して、トイレタイム。
これでペースの修正も出来るに違いない。
しかし、2分以上お休みしたので身体が元気になってる。
ゆっくりと走っているつもりでもさっきのペースだ。
「あれ~」

13キロ恐れていた事が、、、
最近走るたびに気になる箇所の
右足の土踏まずの上の骨の下が痛い!
コースをそれてしばしマッサージ
でも、痛さは遠のかない。
無理をすれば走れるが、今日は無理をしない。
13~14キロは、6分半~7分のジョグで様子見ラン。
コースの左端を走っていると次々に抜かされる。
取り残されていく~。とっても寂しい。

14キロ過ぎ、痛みが少々引いてきたのでペースをあげてみる。
やっと、最初の目標ペースに修正出来た!
それからは、時々さしこむ足と闘いながら励ましながら走る。
「痛い!痛い!痛い!」と文句を言いながらペース維持。

このコースの最後の方はクネクネとカーブが続くし、
ゴールも間近にならないとみえない。
そこは、ちょっと気に入らない。
漸く見えたフィニッシュ
最後だけは、ダッジュで気持ち良く走れました。

10月上旬に別海フルマラソンを走っていた事で
ハーフの距離が短く感じられことは〇。
しかし、
結果的にキロ5分30秒をイーブンで走ったタイムと同じに。
最初から5分30秒で走っていればダメージも少なかったのに、
へたくそな後味の悪いレース展開をしてしまい情けないです。
とっても反省して、自己嫌悪に陥っています。

「つくば」では、イーブンで楽しく走って、自己ベスト!
を目標にあと4週間程々に頑張る事にします!

色々な所で
jognoteやfrunのお友達の応援を頂き頑張れました!
みなさん、ありがとう♪



nice!(1)  コメント(0) 

別海町パイロットマラソン [は・し・り]

完走したら、大きな「鮭」が貰えるらしい。
おまけにバターも貰えるらしい。
ゴール後には、「秋サケ汁」が食べられるらしい。
地元の美味しい牛乳も飲めるらしい。
そして、果てしなく続く1本道の牧草地帯を走れるらしい。
そんな美味しい事ばかりにつられてエントリーしましたが、
家の引っ越しに追われて全く走れていない状態で戸惑いながら当日を迎えてしまいました。

しかし、今の私に5時間以内に完走出来るのでしょうか?
キロ6分で約4時間13分。
キロ6分半で約4時間34分~~~。
どちらも自信なし。
キロ7分で約4時間55分~~~。
と言う事は、キロ7分で走れば取り敢えず完走は出来る!

しかし、キロ7分で走るといつも以上に疲れるしへたれるに違いない。
ならば6分半、う~ん、微妙。。。
とにかく走り始めてからの様子を見てペースを決定する事にしましょ。
そ~んな、軽い気持ちでスタート。

~5キロ29:03.94
1キロのラップが6分3秒。
これからという事で取り敢えず6分辺りで走る事に決定!
別海マラソンは、人の応援が少ないと思っていましたが、
町の繁華街にはそれなりの応援をしてくださる方々いました。
が、応援をしてくれる人を観察しているとどうやら同じ集団ではないかと言う事が次第に判明。
追いかけながら応援してくれている事にも感謝。

~10キロ28:56.02
たんたんと、走る。
道の看板に書いてあったキャッチフレーズが頭の中からはなれません。
「いい乳 いい味 いい気分」
不思議にこの言葉を心の中で叫んで走っていると上り坂でもスイスイと上がれる。
私のペースに合っていたみたい。
別海マラソン中、辛くなるとこの呪文のお世話になりました。

牧草地帯に入ると沢山の牛さんの応援♪
   blog101013別海-1.jpg
~15キロ29:15.94
別海の給水は、2.5キロごと。
5,15,25,35は、水だけ。
10、20,30,40は、水、スポーツドリンクオレンジジュース。
5キロ毎の間にスポンジ
とても、わかりやすく正確。
5キロ走る毎の給水は私にぴったり。
ヘタレそうになると給水にぶつかるので助かりました。
15キロだったかな?
氷砂糖がおいてある場所があり、一つかみ頂きポケットに入れて
つまらなくなると1粒づつ口に入れて走りました。


~20キロ28:39.38
前から大会の広報車が走って来る。
折り返して来たランナーも同じ車線(1車線のみ)を走るので左側を走れとアナウンスされました。
なるべく左寄りに走るが左端は舗装の仕上げがあまり良くない、凸凹。

果てしなく牧草地帯が続く。
突然、もの凄い異臭!
あっ!牛さんが2m位の所にいる!
「モオ~、びちゃびちゃ、ぷ~ん」
溜まらない。
息が出来ない。
もうダメ。
と、ヘタレそうになった時、
牛の横にあったサイレージ(干し草をビニールでくるんだもの)に何か書いてあるのに気付kました。
「折れない心」とか「下りここまで」とか「がんばれ」等と書かれている。
牛さんの香りに負けていてはいけないと反省。


~25キロ28:51.77
サイレージに書かれた言葉に励まされて走る。
相変わらず牧草地帯!
牛さん、いっぱい!

折り返し。
すれ違える距離は、1キロ位。
これじゃ~、た〇ちゃん、〇bashiriさん、パパを探すことはできない。
だって、ペースが違い過ぎるもんね。


~30キロ29:52.69
27キロ、それにしても、お腹が空いた。
走りながら「お腹すいた~」と声に出てしまう。
小出しに食べていた氷砂糖も最後の一つになってしまいました。
これを食べてしまったら、ゴールまで何も食べるものがない。
今日は、捕食も持ってきていない。
最後の一粒の行方を考えていたら、手が勝手にポケットに行き氷砂糖を口に入れていた。
飢餓状態は、食べ物を前にしたら、頭よりも先に身体が動いてしまうのだろうか?
これで、食べ物なし、がっくし。。。

でも、28キロ過ぎだったかな?
バナナを発見!!
救われた!
おまけに氷砂糖もある!
お休みして、バナナを食べて、氷砂糖を一つかみ(20個位)、出発。

お腹もいい感じ、走れる状態に戻った!
遠くに白い鳥が見える。
頭が赤い!
「たんちょう鶴?」
3匹で牧草をつっついている。
これぞ、北海道


~35キロ29:59.91
あまり抜かされる事もない、と言うか周りのランナーのペースが落ちている。
時計を見ながら6分を超えないように心掛ける。
あと、7キロか~。
もしかしたら、先着1,000人の鮭をゲットできるかもしれない♪
と希望の光がさしかかった。


~40キロ30:25.07
沿道には、椅子に座ったおばあちゃんや恥ずかしそうに応援してくれる子供
特に今回の私のゼッケンナンバーが2010で、今年の年号といっしょなので
「2010!ガンバレ~。」
と、特別な応援も頂き有難かった。
「おかえりなさ~い。」とか
「この橋を越えたらあと3キロ」とか、
「ねえさん、頑張ったね~♪」
とか、暖かい応援や励ましの言葉に背中を押されて走る。
「ありがとう」とお返事しながら走る。


~G14:15.55
もうじき、トラック
なんとか、ゴール出来そう。
既にゴールしたランナーがあちらこちらで休息している。
私も早くあの仲間に入りたい!
トラックの最終コーナーでは別海町の町長さんでしょうか、
「あと、100m、がんばってくださ~い」と応援してくださっていた。
ならばと、ここからは、最後の力を振り絞って走る。
100mで3人位のランナーを抜いてゴール♪

やった~、ゴール、できた♪
鮭もゲットできた♪
blog101013別海-2-1-1.jpg
牛乳も飲めた♪
秋サケ汁もたべれた♪
コースも満喫できた♪
殆どキロ6分のイーブンで走りきることができた♪

やっぱり、別海町は、
「いい乳 いい味 いい気分!」だ。

nice!(1)  コメント(4) 

4日目のトライアスロン。 [は・し・り]

4回目の昭和記念公園のトライアスロン。
流水プールで750mのスイム、園内4周のバイク20キロ、最後は5キロのラン。
毎回、若干のコースの変更があるが、
今回は7月のコースを殆ど一緒なので落ち着いて競技が出来た。
去年の9月のプールの水温は凍りそうな位冷たくて参ったが、
今年はそれほどでもなくほっとした。

7.8月は、スイム以外は練習量が少なかったので完全にファンラン目的。
しかし、スイムを上がってトランジットエリアで支度している選手が
私よりも左側の選手ばかり。
(トランジットエリアは、年齢順に場所が決まっていて、
私の場所から見ると左側は年齢が若い。)
もしかしたら、年代別3位以内を狙えるかと思った時からマジレースに変更!

バイクは、やっぱり、気持ちよかった。
下り坂でギアを重くしてスピードアップする事はうまくいったけれど、
新たに私の弱点を発見!
コーナリングがヘタクソ。
坂で抜かして、カーブで抜かされてしまう。
小刻みなハンドル操作や体重移動を研究しないと。。。

100911昭和記念公園(オールスポーツ)-22-1.jpg


バイクが終わりトランジットに帰って来た時、私の右側にはバイクが1台。
しっかりとナンバーを確認。ランで捕まえてやる~。
1周目が終わったころに捕まえた!
これで私よりも先輩が前を走っていない。
後は、半周位先を走っていた彼女が同じカテゴリーでない事を祈るのみ。
いつもは、いやいや走っているランも今回は楽しい♪

100911昭和記念公園(オールスポーツ)-24-2.jpg

最後100mはダッシュでゴールテープを切らせていただきました。
この、一瞬が最高!

100911昭和記念公園(オールスポーツ)-25-2.jpg


タイムは、7月よりも5秒遅い1時間29分20秒。

スイム   0:14:58(302位/417人)
バイク   0:49:43(277位/417人)
ラ ン   0:24:39(190位/417人)
女子総合 18位/64人
年代別   2位/8人

100911昭和記念公園ー11-1-1.jpg
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - は・し・り ブログトップ

http://ameblo.jp/polarbear24/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。